スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
拾いそうだけど我慢します。

前から気になっていた本を購入。


千円札は拾うな。千円札は拾うな。
安田 佳生

サンマーク出版 2006-01-20
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


著者は、中小のベンチャー企業を対象に、経営戦略や人材・営業コンサルティングを行っている(株)ワイキューブの代表。(小生と同い年)


「道に落ちていた千円札を拾って得をした」と考える時点で、すでに古い常識の呪縛の中にいるという指摘から、いきなり刺激的です。これからの時代の「できる人」の新常識が具体例を元に示されていて、久しぶりに(活字から)衝撃を受けました。


「本郷猛を鍛えてはいけない」という、ヒーロー好きの小生にとっては無視できない小見出しがあるんですが、「本郷猛」はショッカーの戦闘員は倒せても、怪人は倒せないので、仮面ライダーに変身する必要がある。つまり、「本郷猛」の状態のまま鍛えることは無意味ではないものの、怪人を倒すという目的を早急に遂げるどころか遠回りすることになってしまう。ビジネスも、大きな成果をあげるには、今のままの努力の延長ではなく、発想の大転換が必要なのだとか。う〜ん、確かに。


これ以外にも、売り上げを伸ばすために顧客を捨てるとか、大切すぎる顧客は作らないとか、高度成長時代から受け継がれてきた常識を切り捨てるかのような小気味いい見出しが並びます。全160頁ほどなのであっという間に読めますが、読後に残る余韻はかなり重いものがあります。しっかり受け止めて実践していかねば・・・。


人気blogランキングへ←最後まで読んでいただきありがとうございます。こちらをクリックしてくれたあなた様に感謝!




| cloudy-coco | book | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://c-c-l.jugem.jp/trackback/38