スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
SHM-CD
ユニバーサル ミュージックと日本ビクターの共同開発により、新素材による高音質CDが発売されます。その名もSHM-CD。
今まではマスターテープの情報をいかに最小限のロスでCDという媒体に収録するかということに技術を注力していたレコード会社ですが、ついにCDの素材そのものを改良することにより音質改善を図る方向に向かってきました。

ユニバーサルミュージックによると、

SHM-CDの品質特性
・通常のCD素材とは別種のポリカーボネート樹脂系で透明性を向上、さらに優れた光学特性を兼ね備えている。
・特に円周方向の複屈折特性に優れており、高流動性、高転写性でDISC成形に適した素材となっている。

SHM-CDの音響特性
・従来のCDに比べ、歪度の少ない、透明感の高い音質。
・解像度が大幅に向上したことにより、よりバランスのとれた音質を実現。
・従来ありがちだった、低域の量感不足も解消。


とのこと。
低域の量感不足が解消されるというのが個人的には一番興味津々。
素材のクオリティをあげていることで価格は1枚もので2,800円、2枚組で5,000円とちょっと高め。んっ?これでは別メディアのDVDオーディオやSACD並みではないか?音質改善が図られるのはうれしいんですが、別メディアと同等の価格になるのは戦略的に微妙な感じ?がしますが、従来のCDプレーヤーで再生可能なんで、効果を見極めた(聴き極めた?)上で導入を考えたいと思います。
ちなみに来年1月発売予定のマーズ・ヴォルタの新作(ゴリアテの反乱)もDVD付ヴァージョンのCDがSHM-CDとなる模様。
また、ポリスの諸作をはじめとするユニバーサルの過去のカタログ50作品がSHM-CD化される予定です。

SHM-CD化されるCDの一覧


人気blogランキング←"cloudy-coco-landロックな毎日 お気に入りのロック、ジャズを紹介するブログ "を最後まで読んでいただきありがとうございます!



Top
| cloudy-coco | all music | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
2007/11/17 8:59 AM posted by: bitoku
cocoさん、おはようございます。

SHM-CDは知らなかったです。
ガラス素材のCDは高価で音が良いらしい話は知っていましたが、どうなんでしょうね。

発売タイトルを見てスティングの”ブルータートルの夢”とポリスの”シンクロニシティー”は欲しくなってしまいました。

リマスターされる度に今まで何回も同じアルバムを買ってきたような気がしますが。。。。
2007/11/17 9:30 PM posted by: cloudy-coco
bitoku様、コメントありがとうございます。

>ガラス素材のCDは高価で音が良いらしい話は知っていましたが

おっと、そんなのがあるんですか!知りませんでした。確かに音はよさそうですが、重量がありそうですね。CDプレーヤーを痛めないんでしょうか。

そうそう、こういうCDもあるみたいです。

http://www.hmv.co.jp/news/article/711140082

ダイレクトカットされたSACDということで流石に高価ですが(桁が違います)、それ相当の効果があるんでしょうね。是非聴いてみたい気がしますが。
name:
email:
url:
comments: