スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
David Gilmourの"Arnold Layne "
昨年なくなった元Pink FloydのメンバーSyd Barrettの追悼シングル盤の国内盤がついに発売!

B000L22WTOArnold LayneDavid Gilmour David Bowie EMI Int'l 2006-12-26by G-Tools

こちらは輸入盤ですが、国内盤は7月4日の発売予定。

今回のシングルには、2006年のツアーで同曲をセットリストに加えていたギルモアによる2種類の最新ライヴ・ヴァージョンが収録され、昨年月の英ロイヤル・アルバート・ホールで収録されたヴァージョンは、Bowieがゲスト参加して歌ってます。また、別ヴァージョンではRichard Wrightがヴォーカルを取っています。

Bowie Version

ダブルDavid・・・ですね。

そしてこちらはRichard Wright Version


ちなみにBowie Versionが収録されたロイヤル・アルバート・ホールでのライヴは、『Remember The Night: Live At Royal Albert Hall』という2枚組DVDとして、9月頃リリース予定とのこと。これは出たら絶対買うって!(越中調)

こちらでDVDに収録される曲のダイジェストとインタビューが観られます。Bowieは"Comfortably Numb"でも競演したみたいですね。あ〜、早く観たい。

人気blogランキングへ←"cloudy-coco-landロックな毎日 お気に入りのロック、ジャズを紹介するブログ "を最後まで読んでいただきありがとうございます!




| cloudy-coco | rock | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
2007/05/27 9:58 PM posted by: bitoku
cocoさん、こんばんは。

シド・バレットって亡くなったんですね。最近ロック関連のニュースに疎いもので知りませんでした。

デヴィッド・ボウイは品の良さそうな中年紳士みたいですね。歌は相変わらずな感じですけど。随分サイケ調な曲ですがシド・バレット好みの所を狙ったんでしょうか。

しかしリチャード・ライトは歌がヘタッピですね。酒場で酔っ払いのオヤジが歌っているみたいで。(笑)

ボウイと競演の"Comfortably Numb"は聴きたいですねぇ〜。当然ロジャー・ウォーターズの歌のパートをボウイが担当するんだと思いますけど、ロジャー・ウォーターズの偏執狂的な歌をどう料理するのか興味深いです。
この曲はデヴィッド・ギルモアの癒し系の歌と泣きのギター・ソロが大好きです。
2007/05/28 6:36 PM posted by: cloudy-coco
bitoku様、コメントありがとうございます。

>シド・バレットって亡くなったんですね。最近ロック関連のニュースに疎いもので知りませんでした。

亡くなる直前まで、シドはひっそり市井の人として生活していたようですね。ギルモアが"Pulse"にシドの曲(Astronomy Domine)を入れたのもシドに印税が落ちるようにとの配慮だったと聞いたことがありますから、そういうので何とか生計は立てられていたんでしょう。

>しかしリチャード・ライトは歌がヘタッピですね。

フロイドのアルバムで彼がボーカルをとっているのってありましたっけ?それを考えれば相当な冒険(?)ですよね。ギルモアのソロライブのDVDにも彼が歌ってる曲が収録されているんですよ。あんまり観かえしませんけど。

>この曲はデヴィッド・ギルモアの癒し系の歌と泣きのギター・ソロが大好きです。

まさにご指摘の通り!以前イギリスでロック史上最高のソロは何というアンケートをとったらば、この曲でのギルモアのソロが1位に選ばれたそうです。私も全く同感です。
name:
email:
url:
comments: