スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
George Benson/ Al Jarreau
Jazz界の大御所2人による夢のコラボレーションが実現!

Givin' It UpGivin' It UpGeorge Benson Al Jarreau 関連商品ザ・ビートルズ・サウンド 最後の真実 スチュアート・サトクリフ - 5人目のビートルズ Twenty Five (初回限定盤) デュエッツ:アメリカン・クラシック ライヴ・イン・ザ・US 2005~ザ・スペース・ウィズイン・アス~ Amazonで詳しく見る by G-Tools
曲名リスト1. Breezin'2. Mornin'3. 'Long Come Tutu4. God Bless the Child5. Summer Breeze6. All I Am7. Ordinary People8. Let It Rain9. Givin' It Up for Love10. Every Time You Go Away11. Four12. Don't Start No Schtuff13. Bring It on Home to Me

これが実にいいんです!
お互いの代表曲あり、意外なカバー曲(特にMilesの3やHall&Oatesの10!)ありとバラエティーに富んだ内容。小生の大好きな"Summer Breeze"も演ってくれてます。
何より、リラックスモードにどっぷりつかった感のある余裕のパフォーマンスがうれしい!お互いの意地のぶつかりあい・・・みたいなシチュエーションは一切無く、純粋に歌い、演奏することを楽しんでいるようです。
さすがにAlも年取ったな〜と思わせる部分もありますが、実に楽しそうに歌う声を聴いているだけで、こちらも幸せな気分に浸れます。
夜の10時くらいに、風呂上りにお酒でもちびちびやりながら、ちょい暗めの照明で楽しみたい好盤です。



人気blogランキングへ←"cloudy-coco-landロックな毎日"を最後まで読んでいただきありがとうございます。こちらをクリックしてくれたあなた様に感謝します!


| cloudy-coco | jazz | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://c-c-l.jugem.jp/trackback/133